ホーム 長寿すこやかセンターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス プライバシーポリシー
ホーム > すこやかセンターからのお知らせ > 新着図書のご紹介!!
件名 新着図書のご紹介!!
内容 ★新着図書を追加しました。

・麒麟模様の馬を見た:目覚めは瞬間の幻視から(著者:三橋 昭)
・しゃべらなくても楽しい!1,2分でできるやさしい特養体操50(著者:斎藤道雄)
・父と娘の認知症日記:認知症専門医の父・長谷川和夫が教えてくれたこと(著者:長谷川和夫)
・93歳の現役医師が実践する人生100年時代養生訓:酒、食事、そして人生を楽しむ(著者:前田昭二)
・認知症でも心は豊かに生きている:認知症になった認知症専門医 長谷川和夫100の言葉(著者:長谷川和夫)
・僕の死に方:エンディングダイアリー500日(著者:金子哲雄)
・羅生門・蜘蛛の糸・杜子春:外十八篇(著者:芥川龍之介)
・生きていくあなたへ:105歳どうしても遺したかった言葉(著者:日野原重明)
・おひとりさまの死後事務委任(著者:島田雄左)
・ファイナンシャルプランナーが教える終活デザインブック(著者:安藤信平)
・ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。(著者:幡野広志)
・モリー先生との火曜日 :Tuesdays with Morrie(著者:ミッチ・アルボム)
・親とさよならする前に:親が生きているうちに話しておきたい64のこと。(著者:清水晶子)
・エンド・オブ・ライフ(著者:佐々涼子)
・100日後に死ぬワニ(著者:きくちゆうき)
・マンガ親が終活でしくじりまして(著者:寝猫)
・認知症とともにあたりまえに生きていく:支援する、されるという立場を超えた9人の実践(編著:矢吹知之 )


新着図書はひと・まち交流館の地下1階にある図書コーナーでご利用になれます。

 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ